FC2ブログ

ケアンズ探鳥 キュランダ

ミコマスケイの次の日は熱帯雨林の町キュランダに行きました。

IMG_1076_convert_20120406225708.jpg
キュランダシ―ニックレールウェイ

キュランダはケアンズの北西30キロにある人口800人ほどの高原の町。
19世紀には鉱山の町として栄え働く人のために鉄道が敷かれた。
これが現在観光用のシーニックレールウェイになっている。

IMG_1058_convert_20120406225528.jpg

行きは鉄道で、帰りはスカイレール(ロープウェイ)を利用することにし、送迎付きのツアーを予約しました。
駅までの送迎は英語ガイドのツアーだったので周りはみんな外人でした。
ガイドの説明はあまり聞き取れませんでしたが、もらったパンフに集合時刻など指示が書いてあったので大丈夫でした。

9時半ごろケアンズの駅を出発し、時速20~30kmほどでゆっくり山を登っていきます。

IMG_1079_convert_20120406230639.jpg
ストーニークリーク滝

このシーニックレールウェイは「世界の車窓から」のオープニングでも使われたそうです。

IMG_1086_convert_20120406230302.jpg

1時間半ほどでキュランダに到着しました。

IMG_1098_convert_20120406225825.jpg

キュランダでの滞在時間は3時間と決まっていました。
町を観光する気はなかったのですが、鳥を見れる場所もリサーチしていなかったのでうろつきながらしばらくみれそうな場所を探しました。

モリショウビン
モリショウビン

駅の東側に熱帯雨林のトレイルがあることがわかり行ってみました。

IMG_1102_convert_20120406230139.jpg

森の中で木の幹をぴょんぴょんはねてあがる鳥がいました。

ミミグロネコドリ
ミミグロネコドリ

鮮やかな青色の羽をしたオオルリアゲハも印象的でした。

時間になり駅の方に戻ってくると、インコの声で騒がしくなっていました。

DSC_1030_convert_20120406225405.jpg
ゴシキセイガイインコ

見たかったアオツラミツスイにも会えました。

DSC_1005_convert_20120406225249.jpg
アオツラミツスイ

さっきまでいなかったのになんで帰る時になって急に鳥が出るんだろう?
なごり惜しいですが集合時間もあるので仕方なくキュランダを後にしました。

帰りはスカイレール。
世界遺産にも登録された熱帯雨林の上を40分ほどかけてロープウェイで麓まで降りて行きました。

IMG_1114_convert_20120406230003.jpg

すばらしい眺めに感動しました。
列車に乗ってみたかっただけだったのですが、参加してよかったです。



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dicek

Author:dicek
バードウォッチングと旅行が趣味の30歳です。
2008年から9年間、北海道で学生生活を過ごし、2017年4月より大阪に引っ越しました。
大学時代は北海道を中心に野鳥の観察と撮影を行い、休暇中に家族と行く海外でも鳥を見ていました。
社会人になりましたが、本州の鳥を意外に見てないことに気づきこれから攻めていくつもりです。
もちろん海外も行きます。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク