FC2ブログ

Day9 Deception Island and Half Moon Island

南極でのアクティビティも最終日です。

ヒゲペンギン
ヒゲペンギン




ここまでの経路を振り返ります。
船に地図がモニターで映し出されていたので撮っておきました。

地図
赤い線で示されているのがこれまでの経路
狭い水道のなかの島々をまわり戻ってきたところです。

南極最終日のこの日はDeception IslandとHalf Moon Islandの見学です。

Deception Island
Deception Island

Deception Islandは捕鯨の基地があったところで、加工施設が残されていました。
島の東側にはNeptune’s Bellowsといわれる崖があり、それを見たい人は東側に、加工施設を見学する人は西側に分かれました。

Deception Island
僕は東側へ

建物の残骸あとにナンキョクアジサシが巣を作っているらしく、近づくと威嚇されました。

ナンキョクアジサシ
ナンキョクアジサシ

ナンキョクアジサシの威嚇
こんな感じでかなり激しい

波打ち際にマダラフルマカモメが!

マダラフルマカモメ
マダラフルマカモメ

崖の方へ

Deception Island

Neptune’s Bellows
Neptune’s Bellows

下は断崖絶壁。崖ではマダラフルマカモメが繁殖していました。

帰り際にヒゲペンギンに会いました。

ヒゲペンギン

午後からはDeception Islandから東に50kmほど行ったところにあるHalf Moon Islandへ。
ここはヒゲペンギンの繁殖地になっていました。

Half Moon Island
Half Moon Island

ヒゲペンギン
雄たけびをあげるヒゲペンギン
テリトリーを主張する行動といわれています。

ミナミオオセグロカモメの親子に会いました。

ミナミオオセグロカモメの親子
ミナミオオセグロカモメの親子

ミナミオオセグロカモメの雛
ミナミオオセグロカモメの雛

カモメ自体はそれほど好きではなかったのですが、雛を見ると持って帰りたいぐらいの気持ちになります。

ヒゲペンギンの親子にも会えました。

ヒゲペンギンの親子
ヒゲペンギンの親子

ヒゲペンギンの群れの中にマカロニペンギンもいるとの情報。

DSC_0496.jpg

スタッフの指す方をよ~く見ると、いました!

マカロニペンギン
マカロニペンギン

1羽だけ間違って来た感じですが、毎年1つがいだけここで繁殖するそうです。

Half Moon Islandの見学の後は再びドレーク海峡へ。ウシュアイアへ向け帰途につきました。

DSC_0505.jpg


南極レポートはとりあえずこれでお終いです。
次回は今回の旅で見た動物のリストを載せます。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dicek

Author:dicek
バードウォッチングと旅行が趣味の30歳です。
2008年から9年間、北海道で学生生活を過ごし、2017年4月より大阪に引っ越しました。
大学時代は北海道を中心に野鳥の観察と撮影を行い、休暇中に家族と行く海外でも鳥を見ていました。
社会人になりましたが、本州の鳥を意外に見てないことに気づきこれから攻めていくつもりです。
もちろん海外も行きます。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク