スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港探鳥 到着日&1日目前半

3月に3日間ほど香港で鳥見してきました。

DSC_0213.jpg
コウラウン

3年前の旅行で貯まったマイルの有効期限が切れそうだったので、これは早く消費せねばということで鳥も見れる場所を考えたところ、香港に決まりました。

香港というと大都市というイメージが強いですが、郊外にいけば鳥がみられる場所はたくさんあるんです。
イギリス統治時代があったこともあり、バードウォッチングの分化が根付いているのも鳥見スポットとして充実している要因です。

一日目はほぼ移動でした。成田を午後6時すぎに出発。

DSC_0525.jpg

DSC_0533.jpg
機内食

DSC_0534.jpg
着いたのは10時すぎでした。

DSC_0543.jpg
30分ほど電車に乗り市内へ。

市内についた頃はもう12時を回っていました。
駅からホテル近くまでのバスなどはもうなく、しばらく歩いたあとはタクシーを拾ってホテルへ向かいました。

DSC_0607.jpg
ホテルはこのビルの15階にありました。

入り口で宿を押し売りしようとするインド人たちを振り切り、なんとかホテルへ。

DSC_0681.jpg
ドミトリーで1日2000円の安宿。
4畳半ほどのスペースにベッドが2つで一つは2段というかなりの狭さ。
トイレでシャワーも済ませないといけないという感じで多少の不便さはありました。

翌朝は7時すぎに起床。あいにくも曇り空ですが雨がないのは幸いでした。
そして意外と寒いです。十数度くらいでしょうか。

DSC_0544_20160423162948229.jpg
朝は人通りも少ないです。

まずはホテル近くの九龍公園へ。

DSC_0548.jpg

入り口付近で早速香港の名物的な鳥コウラウンに会いました。

聴き慣れた声のする方を見ると、シジュウカラがいました。

DSC_0001.jpg
ミナミシジュウカラ
ここまで南にいるんですね。ただ最近は亜種cinereusが種に格上げされてミナミシジュウカラになっています。

DSC_0057.jpg
シキチョウ
もうおなじみ。日本でもそろそろ記録がでるころではないでしょうか? 

DSC_0554.jpg
太極拳をする人たち。これもお馴染みの光景になってきました。

DSC_0068.jpg
オニカッコウ
キュオキュオと高い声を上げて鳴く。タイでみたのが懐かしいです。

DSC_0250.jpg
カオグロガビチョウ

奥の方に人が集まっている一角がありました。

DSC_0551_20160423162946014.jpg
雰囲気からして明らかに鳥屋。
珍しい鳥がきているという。しばらく待っていると上のほうから降りてきました。

DSC_0268_20160423160119c8d.jpg
フーキェンアオヒタキ
色鮮やかさに感動しました。暗くてうまく撮れなかったのは少し残念ですが、素晴らしいスタートになりました。

他にもカノコバト、シロガシラ、メジロ、サンジャク、オナガサイホウチョウなどが見れました。

後半に続きます。


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dicek

Author:dicek
バードウォッチングと旅行が趣味のギリギリ20代です。
2008年から9年間、北海道で学生生活を過ごし、2017年4月より大阪に引っ越しました。
大学時代は北海道を中心に野鳥の観察と撮影を行い、休暇中に家族と行く海外でも鳥を見ていました。
今年から社会人になりましたが、本州の鳥を意外に見てないことに気づきこれから攻めていくつもりです。
もちろん海外も行きます。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。