FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三宅島探鳥 1日目

6月9-10日にかけて三宅島に行ってきました。

DSC_0884.jpg
オーストンヤマガラ

8日の夜10時に竹芝を出発。

CAI_0017_2016061219355523e.jpg
レインボーブリッジ

三宅島には翌日の5時に着きました。

CAI_0019.jpg

あいにくの曇り空。というかかなりガスってました。
島のバスで宿近くのバス停へ。バス停に着くとタイミングよく女将さんが迎えに来てくれました。

CAI_0020.jpg
新鼻荘
昔は釣り人が客の中心でしたが、バードウオッチングの人気とアカコッコ館が近いこともあり今は鳥屋が多いそうです。

とりあえず荷物を置かせてもらいさっそく周辺を散策することに。
ミソサザイ、コマドリなど鳥のさえずりがとにかく盛んに聞こえてきました。
非常に鳥影が濃いです。

DSC_0919.jpg
カラスバト
日本産ハトの中で最大とありましたが、実際かなり大きかったです。
とまっているときはウーウーと鳴き、飛び立つときはメエ~とヤギのような声で鳴く面白い鳥です。

DSC_0799_201606120152336b0.jpg
ミヤケコゲラ

アカコッコ館はさすがにまだ開いてないので近くの大路池へ向かいました。
さえずりのコーラスがすごかったです。日本一だと看板にありましたが、頷ける鳥の多さでした。

CAI_0023.jpg

大路池は一周700mほどでもともと噴火口だった場所に水が溜まってできた池です。

CAI_0024.jpg
迷子椎

DSC_0752.jpg
ハシブトガラス

DSC_0781.jpg
イイジマムシクイ
池周辺は特にイイジマムシクイのさえずりがよく聞こえました。
オーストンヤマガラもそうですが、分布が伊豆諸島と九州周辺の島に限られていて不思議です。

9時になり、アカコッコ館で島の自然の解説などを聞いたあと、一旦宿に戻って休憩。

CAI_0021_201606120108114ee.jpg

昼からはウチヤマセンニュウが見れるという北部の伊豆岬へバスで向かいました。

CAI_0029.jpg

ガスって条件はよくなかったですが、岬周辺の草原には沢山いました。

DSC_0870.jpg
ウチヤマセンニュウ
とはいえシマセンニュウとの違いはいまいちわかりませんでした。さえずりもかなり似ています。

予報では昼から晴れるはずでしたが、3時過ぎ頃から晴れるどころかバケツをひっくり返したような大雨に。
バスの本数も少なかったため、ヒッチハイクして宿に戻りました。

一時間ほど昼寝して風呂に入り、また宿周辺で鳥探し。
この宿ではオーストンヤマガラが人馴れしていて手乗りできます。

CAI_0031.jpg

DSC_0895.jpg
シチトウメジロ

DSC_0932.jpg
ヒヨドリ

6時半から夕食。素晴らしく美味しい食事を堪能できました。

CAI_0034.jpg

2日目に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dicek

Author:dicek
バードウォッチングと旅行が趣味の30歳です。
2008年から9年間、北海道で学生生活を過ごし、2017年4月より大阪に引っ越しました。
大学時代は北海道を中心に野鳥の観察と撮影を行い、休暇中に家族と行く海外でも鳥を見ていました。
今年から社会人になりましたが、本州の鳥を意外に見てないことに気づきこれから攻めていくつもりです。
もちろん海外も行きます。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。